光の十字架

十字架は、キリスト信者にとって光であり・希望である。

部屋の電気を消して、この光を灯し、心を静かにして下さい。
その光は、ちっぽけな自分の心を、大きな愛に包み、自然と「祈り」に誘う事でしょう。

作品の製作(構造)

この作品は、自然の石(真鶴にある小松石)の中に明り(電球(10w))を入れ、前面を十字にカットし、後ろは丸く窓を開け上部からも光を漏らすようにしました。

 

デザイン説明

後ろの光は十字架の後光を、
上の光は神との交信。
十字架は液体のアクリルを流し込みステンドグラスのイメージを入れ上下左右には真鍮の角を入れて光の留めを作りました。

 

日本188殉教者列福に山口の信徒であった琵琶法師ダミアンが、その列に選ばれた。
つまり、福者(Beato)(聖人(Saint)の前段階)の地位にあげられることとなった。
その記念として山口ザビエル記念聖堂山口カトリック教会で、祈念碑が建造されました。
そのデザインに私の光の十字架が使用されました。

山口カトリック教会の殉教者ダミアンのページ

 

小松石・アクリル・真鍮/サイズ :  H約200mm

2006年末の制作作品 (峰岸氏所蔵) 

作品希望者は、メールでお問い合わせください。raizou@mx5.ttcn.ne.jp
希望により制作いたします。でも自然の石を使用するため、一つ一つの表情が異なります。
同じように制作しますが、おそらくイメージがこの写真と異なります。
気に入った場合のみの購入で結構です。
(参考価格:¥42,000円 + 送料)