作品写真

コメント

2月のほとんどを掛けて制作していた吉田高等学校定時制学課の閉課程記念碑が、2/26完成しました。

詳しくは

2007年2月完成

河口湖畔のホテル「富士レークホテル」から溶岩を使った給水塔を制作してほしいと頼まれ、2004年11月一ヶ月かけて制作いたしました。デザイナーの米山さんのデザインに私なりにアレンジさせたものです。約10cmほどのキューブを積み上げ、170cmほどの高さにした給水塔です。真ん中の白い部分は、明かりが入っております。

設置場所は、温泉の入り口にあります。お湯上がりに、溶岩から湧き出た水(バナジウムウォーター)等、如何ですか?

     2004年11月完成

「『天上台風』この字を彫り込んだご主人の記念碑を作ってほしい」とお話を頂き手がけさせていただきました。中心となる碑は、一つの石を、立てに三つに切り、真ん中の石は天に向かい真っ直ぐにあり、後ろ上に少しずらすようにして位置させ、その石を両脇の石が、支えます。奥様のお話をお聞きしている内にだんだんこのデザインが出来上がってきました。

ご主人は、私と同じ年。一度お会いしているはずなのですが、......... 。ご主人のご冥福をお祈りいたします。

     2004年9月完成

根本家のお墓

横浜市都筑区の根本賢次さんからのご依頼で、初めてお墓を造らせていただきました。

四角に並ぶ墓石群の中に、海岸で見つけた自然の丸い石をくりぬき、その中に、三角の小松石の一片を縦に切り磨きそこに「根本家」と掘りました。夫婦が寄り添って家を守り世代交代する。そんなイメージをデザインしてみました。

手前にある石には、根本さんの生命に対する思い「死は生なり」という文字を、このお寺の住職さんに書いて貰い、それを石に刻みました。このお墓には、私のオリジナルのふくろうが三羽、一羽は、来た人をお迎えし、もう一羽は、根本家を紹介し、そして、後ろでは、天を仰ぎ静かに、毎日の天気・雲の流れを見つめさせました。「今日もまた、平和でありますように」と. . . . . .

    2003年12月19日完成       小佐野哲二作