お墓のデザインをしました(2008年12月24日完成)

2008年秋「お父さんのためのお墓を作りたい。お墓を作ってくれませんか?」との依頼がありました。
そこで、デザインと灯明だけを手がけ、後は中国での制作、施工は近くの石屋さんにお願いいたしました。

デザイン説明

メインの墓碑と灯明には「再生」を意味する卵をイメージした形。お墓全体に三角形を作るように三位配置。
正面の卵は、横向きに動きのあるように置きました。卵から生命が孵化する時・卵が割れる一歩前のイメージです。
墓碑に入れる文字は、施主さんが選んだ「魂」の字を住職さんに書いて貰い彫りこむ。そして、家紋と家名は台座に入れました。家紋は遠くからでも見えるように、正面垂直の面に、家名は近くに立って見やすいように右側に斜めにカットした面に。右側家名の上には花を飾れるように花器を置きました。
お墓全体が、墓碑形上の関係で幾分軽くなった右側にボリュームのある墓誌を左に物入れを、卵の三位を横切るように配置。そこに、彼のお父さんの大好きだったカラオケへの思いを込めました。
墓誌には、お父様の大好きだった「魂(こころ)」の一文を。そして、空から歌っているよと言う思いを込めて、音符は「ソ・ラ」。
左に有る物入れの蓋にはマイクを浮き彫りさせました。